« 富士山登頂&ブルックトラウト | トップページ | 文化交流をする人 »

2010年7月19日 (月)

石割山トレイル

連休最終日、朝5時頃には外がすっかり明るくなっていて目が覚める。昨日の夜、いい思いをした釣り場にでかけ、ビーズヘッド・フェザントテイルで数匹、MSC(オリーブ)で2匹を釣り、その後金田一の上流へ行くも不発。9時には釣りを終了。ずいぶんフライを消費してしまった。いずれ巻かないと。。。
石割山でトレラン。神社までの石段が長いこと長いこと。涼しくなってからトレーニングに出かけるにはいいかも知れないが、夏には・・・。緩い坂では昨日のランナーを見習い、小刻みなピッチを重ねながらできる限り走り、石割山山頂まで30分。その後、二十曲峠まで帰路を心配しながら下り、前回たどり着いた立塚峠に至る。所用1時間13分。レモンジュースを凍らせたペットボトルはともにほぼ水分のみとなり、背中の氷水も溶け出している。さて、これで1時間で戻ることができたらすごいことだ、などと目標を立てながら走り出す。二十曲峠のわき水で頭を冷やす。石割山頂方面からイノシシのような動物二匹が下り降りてくるのが見えてしまい恐る恐るの登りを無事終えて、山頂を経て石段を下り、鳥居を超えてゴールしてみたら1時間5分。まあまあのタイムに感心しつつ、その場でウェアを上も下も全部着替え、紅椿の湯へ。露天でうつらうつらしてしまい、後ろにカックンしてしまったりして。1時間20分、サウナ抜きで露天と微温湯のみに浸かり、17時過ぎに出発。道志みちがずいぶん奥深くから渋滞していて、脇道を使ったりしながら道志みちに別れを告げ、いつもの16号線→246で帰ってきたところ、246に入る手前を除けば混雑はさほどでもなく、20時過ぎには三宿に到着。車を返して、日焼け後のアロエ・ジェル、エーザイの「ベラリス」を買ったり、グレープフルーツを買ったりし、松屋で肉をしっかり食べて帰宅。日焼けの後遺症は怖いが、この上なく充実した3連休となりました。

|

« 富士山登頂&ブルックトラウト | トップページ | 文化交流をする人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70606/48929596

この記事へのトラックバック一覧です: 石割山トレイル:

« 富士山登頂&ブルックトラウト | トップページ | 文化交流をする人 »