« 日常 | トップページ | 韓豚屋 新橋店 »

2010年9月16日 (木)

「砂と兵隊」

日常は続き、パリから一時帰国されているシャンゼリゼ近くのレストランで昼食を御馳走になった方がたまたまボスのところにいらっしゃっていたのをつかまえて、地下鉄の中でいろいろと話をした日は、遅刻が危ぶまれた「砂と兵隊」の舞台初日に行ってきました。アゴラ劇場での青年団の演劇観劇は初めてです(BeSeToの時に新国立劇場で東京ノートをみました)。そして、日常の行軍が微妙なヴァリエーションとともに繰り返されていく様を感じさせてくれたエンディングは圧巻でした。家族の絆、狂気、戦い、幸福、そんなものが登場人物達とともに語られていて、あまり芝居を観てこなかった自分も、ちょっとはまりそうになっています。平田オリザさんが劇場の入り口で観客を迎え送っているのを目撃し、すごいなぁ、と思いながら帰途に着く途中、渋谷のインドネシア料理屋「アユンテラスhttp://www.ayungteras.com/」で美味しい料理を満喫して帰ってきました。次回はフランス語ヴァージョンを観てきます。

|

« 日常 | トップページ | 韓豚屋 新橋店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70606/49472179

この記事へのトラックバック一覧です: 「砂と兵隊」:

« 日常 | トップページ | 韓豚屋 新橋店 »