« 高水三山トレイル | トップページ | 2010忍野ファイナル »

2010年9月20日 (月)

ハセツネ試走(後半部)

ハセツネの試走をしてきました。プラザイン羽村を出て、5時4分発の電車に乗り、奥多摩発6時5分鴨沢西行きバスで○○下車。2004年だったか、このルートを友達と辿ったことを思い出しつつ、6時半過ぎ、浮き橋を渡り、三頭山へ。その後の経過は以下のとおりです。

8時56分 三頭山着

10時21分 月夜見山着

11時38分 御前山着

12時33分 大ダワ通過

13時26分 大岳山着

14時25分 御岳山商店街通過

14時50分 日の出山着

16時半 武蔵五日市市役所着

全部で9時間50分の強行軍。7時間を超えたあたり、日の出山に向かうあたりから、登りに苦痛を感じなくなってきていたのは、痛みや苦しみを覚えるはずの神経が麻痺していたからでしょうか。自分の体なのに、不思議な感じでした。

今回はLafumaのトレランシューズ、スカイレースを履いての本格的な長距離でした。若干、下りのグリップ感が怪しかったのが心外でしたが、もう少し履き込んで走り込むことが必要なのかも知れません。前のナイキ・トレラン用エアペガサスの方がつま先での下りのグリップには長けていたような印象を持ったため、帰ってきて靴底のパターンをみたところ、下りは踵部分に力を入れる方がいいのかも知れない、と思ったりもして。これも今後の研究が必要です。

下山の後のCCレモンのおいしかったこと。武蔵五日市まで歩く間、ウィンド・ブレイカーを羽織って歩き、つるつる温泉へ。今回は「生涯青春の湯」なる洋風の方だったのですが、こちらの露天は正直いただけません。19時過ぎのバスで武蔵五日市に戻ると、既に駅のコンビニは閉まっている。。。ただ、電車の乗り継ぎの待ち時間を活用して、拝島駅構内の吉牛にありつくことができ、空腹を抱えて帰ってくることにはなりませんでした。

さて、再来週は前半部だ。

|

« 高水三山トレイル | トップページ | 2010忍野ファイナル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70606/49592283

この記事へのトラックバック一覧です: ハセツネ試走(後半部):

« 高水三山トレイル | トップページ | 2010忍野ファイナル »