« 夏スマホ | トップページ | 空海と密教美術と黒船亭 »

2011年7月18日 (月)

海猿尽くし

ノロウィルスの影響が残る3連休、夏スマホの操作に習熟したほかは、引きこもってDVD三昧(と休養の昼寝)の日々を送りました。懐かしい「銀河英雄伝説」のほか「黒執事2」、「ケロロ軍曹」、「涼宮ハルヒの消失」、とクールジャパンまっしぐらの学習をしたほか、「海猿」シリーズ(映画)を3つ連続で。
海猿、3作ともによく作られてますね。「愛と青春の旅立ち」的な1作目、「タワーリング・インフェルノ」的な感じの2作目・3作目、そこに「仲間」との「つながり」がテーマになっていて、いかにもフジテレビが作ってくれそうな感動大作になっている。エンド・ロールでの左側に出てくる小さなスクリーンに、途中から撮影現場の和やかな雰囲気が映し出されているやり方も好きでした。伊藤英明のそのまま振りが役柄に妙にマッチしていたのと、加藤あいの美貌が年を経るごとに磨かれていくのも、気に入りました。
明日は少しは涼しくなるのでしょうか。

|

« 夏スマホ | トップページ | 空海と密教美術と黒船亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70606/52247365

この記事へのトラックバック一覧です: 海猿尽くし:

« 夏スマホ | トップページ | 空海と密教美術と黒船亭 »