« 南アルプス登山(聖光小屋~聖岳~聖平小屋) | トップページ | ぼこぼこ »

2011年8月15日 (月)

南アルプス登山(聖平小屋~上河内岳~易老岳~光岳小屋)

3時頃、出発する人たち(特に高年のグループ客)の騒がしい話し声と出発準備の物音で目が覚めました。熊鈴がチリンチリンいうままにザックを背負って出て行く人、セットしたのを忘れておいていかれたらしく鳴り続ける目覚まし、大声で話し、笑っている連中。正直なところ呆れかえるマナーの悪さでした。注意書きすら張っておかない小屋にも責任があると思います。
結局4時過ぎには起き出して準備を開始したのですが、小屋貸し出しのシュラフにダニかノミでもいたのか、足と脚がかゆいかゆい。これにも閉口です。ただ、5時スタートの朝ご飯は、夕食同様、おいしく量もたっぷりで満足。そのうち、太陽が差してきました。
5時40分に聖平小屋を出発。南岳着が7時10分、7時40分過ぎに上河内岳の肩に到着し、7時55分には上河内岳山頂へ。高地を渡ってくる風の清々しさといったらありません。太陽の直射と運動により体内に発生する熱を、見事に運び去ってくれます。9時35分茶臼岳着、10時45分喜望峰着、11時仁田岳着、11時20分より仁
田岳で食事をし、11時50分同発。時々アップダウンがある平らなトラバース道を延々歩き、13時易老岳着。そこから下り、その後200メートルほど涸れた沢のゴーロを上って、たどり着いた水場では「1時間に3回熊が出た」とは下ってきた人の言葉でしたが、そんなにずっと見ていた人がいるのかしらん?。
山頂近くの高原の桟道を渡り、15時10分、光岳小屋に到着。疲れました。400円で売っていたカレーヌードルを購入(お湯を自分で沸かせば300円)。サッポロ一番味噌ラーメンも食し、炭水化物の補給は十分。それにビール、チューハイ、ウィスキーと飲めば、あとは寝るだけです。19時30分に消灯。特筆すべきはこの小屋の管理人夫妻の気持ちのよい接客で、これだけでも来てよかった、という気になります。1区画に2名で眠れたのも有り難かったです。
それにしても、この2日、よくぞ歩いたものです。

|

« 南アルプス登山(聖光小屋~聖岳~聖平小屋) | トップページ | ぼこぼこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70606/52521418

この記事へのトラックバック一覧です: 南アルプス登山(聖平小屋~上河内岳~易老岳~光岳小屋):

« 南アルプス登山(聖光小屋~聖岳~聖平小屋) | トップページ | ぼこぼこ »