« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

小田和正コンサート 「どーも どーも」 9月28日

年に4日指定できる年休を取得して向かった東京ドーム、凄かったです。開演前の会場には文字通り老若男女が集い、これから始まる物語の豊かさを予感させてくれます。
「明日」で日本復活の日を思った後、あのギターのカッティングで始まった名曲に会場が総立ちに。全力疾走しながら歌ったにもかかわらず、続けざまに「こころ」が来たのには驚きました。
「思いのままに」が29年前の6月30日のようにハモって始まった時、あのキーボードのソロがあのままコピーされていた時にThree & Twoの幸せを覚え、「愛を止めないで」の新しいバージョンの方のギターソロもなかなか素敵だなぁ、と思い、「水曜日の午後」「めぐる季節」「こころは気紛れ」と、アレンジは違っても、あのLPで聴いていた小田さんのジャケット写真がスクリーンに映し出されて。そして、後半の「YES-NO」が来る時、あの甲高い金管で最初の一音が鳴った時のその後の爆発を想像させる秘めた高揚感といったらなかったです。
「たしかなこと」も「キラキラ」も、本当に素敵。ニューアルバムの曲は全て歌ってくれました。「東京の空」もよく、「今日もどこかで」ではドームの人たちと精一杯歌ってしまいました。大震災の後に意味合いが大きく変わった「hello hello」で一旦終わったコンサート。バンドメンバーがラフな格好になった後、2度目のアンコールで満を持して始まった「YES-YES-YES」から受けた昂ぶりは、パリで聴いたChicagoの「素直になれなくて」か東京国際フォーラムで聴いたDavid Fosterの「セント・エルモス・ファイアー」を軽く超えていきました。3時間歌い続けているのに、あの澄んだハイトーンがそのままそこにある。天性と努力のたまものなのでしょう。
そして、バンドメンバーが去っていった後に一人、ステージでアコースティック・ギターを3フィンガーで奏でながら歌ってくれた「君のこと」が何時までも「書きかけの歌のように今もまだ心の片隅に」残ってます。。。原点に戻った小田さん、孤高の小田和正がそこにいました。「君がいないとつまんないから」、きっと元気で歌い続けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

東山湖のレインボー

釣り三昧の3連休もとうとう最終日。朝、忍野の最上流部でちょっとやったものの、割と頻繁にあるライズでの捕食対象を見極められず、見事な敗退。今年の忍野とお別れし、FFTの釣行会が開かれている東山湖へ。会長はじめ皆様と久しぶりの再会を果たし、Thomas&Thomasの6番ロッドはしなり続け、充実した半日を過ごすことができました。茶色のマラブーをインタミで沈めた時はまさに入れ食いでした。そのうち飽きられたのか、全く当たりがなくなりましたが。
渋滞になる前の東名を使えば、2時間ほどで我が家に到着。夜は近所のすし好で寿司を食べ、TSUTAYAで小田和正さんのCDを借りて帰宅。水曜日の東京ドームに向けて、予習、というか予備知識の習得jに励みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

河口湖のブラックバス

1時30分に目が覚めてしまい、6時過ぎまで眠れなかった朝、うとうとしていた8時30分に食事に呼ばれ、活動開始。冷たい塩鮭の朝食を終え、最上流域へ。やはりマラブーで一匹をゲットした後は反応がなく、リバーズエッジでローストビーフサンドの昼食を済ませ、金田一の橋が流されているのを確認し、河口湖へ。ぐるっと周り、足和田をすぎた先、大岩ボートで手漕ぎボートを借り、4時半までの3時間少々、船上の人となりました。そして、3時半過ぎ、岸際の葦をめがけて投げ込んだスピナーベイトがフォールする間、生体反応があり、あわせたところ、22年ぶりのブラックバスが釣れてしまいました。これはなかなか楽しいです。上がり際、ボート屋さんのおばちゃんに聞いたところ、外来種のリリースが禁じられた時に客が減り、ワームが禁止された時にも減り、と、なかなか厳しい状況であるようです。時々、来てみたくなりました。それと、季節的にはGW明けから6月にかけてがいいらしい。来年は来てみようと思います。
その後、忍野に戻るも、イブニングはボウズ。体格がラガーのようなオカマさんたちに囲まれた紅富士の湯の露天風呂で1時間ほどを過ごし、いつぶりになるのか、庄屋乃家で定番だったキムチほうとうを食べ、鹿刺しがユッケ事件以来出せなくなっていることを知り、宿に帰ってきました。風邪からやっと解放されそうです。



| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

忍野ファイナル

朝の野球は河川敷球場が水浸しとのことで中止。昼前まで二度寝の後、12時出発。初めて富ヶ谷から首都高に乗り、時々渋滞するものの、この位の時間になると全く止まってしまうことはなく、忍野到着は15時。そして、その水位の高さと濁流ぶりに圧倒されました。新名庄川出会いから上流も玉川上水のよう。テニスコートは冠水したらしく、泥の除去が行われている。釣り堀下流の堰堤は脇から水が流れ出してきており、えぐられた土の中からコンクリートの鉄筋が何本もむき出しになっていて、痛々しい。いや、本当に凄かったです。そんな中ではありましたが、最上流域でマラブーを流し、1匹だけ釣ることができました。今夜は初めての忍野高原ホテル泊です。



| | コメント (0)

2011年9月16日 (金)

0歳児のメッセージ

山形では家庭的保育の現場、認証保育所(認可ではない)を見学させていただいた後、講演会。自分の認識不足を指摘され、大いに反省しながら新幹線に乗って帰りました。芋煮弁当が美味しかったです。
ベッドの自分の囲いの中で仰向けに寝転びながら、真ん丸に目を開いて愛想を振りまいている生後3ヶ月の赤ん坊のメッセージを、笑顔たっぷりで受け止め、愛情を注ぎ返してあげるのは、大人の責任かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

秋田・山形出張

今日は秋田・山形出張。朝6時過ぎの池尻大橋発で、7時半前に大宮から新幹線に乗り、大曲着が10時41分。認定こども園で1歳児2歳児の食事風景に教育的意思がしっかりと生きていることを感じ、「郡部」故の広いスペースに羨望の念を覚えました。延長保育50円という料金設定にも。「待機児童0」という町政の方針を貫徹するため、関係者が多大なる尽力をされていることを知り、感銘を受けました。「若清水」でのお昼の「美郷まんま」、牛すじ肉の煮込みも美味しかったです。その後山形へ移動。「しゃぶ専」での米沢牛しゃぶしゃぶは内輪の夕食会。いろいろ話をすることもでき、何より溶けるようでありながらしっかりと味を残してくれるA5のお肉が美味しかったです。明日は講演です。





| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

抽象に向かない自分

何かを問われたときに、その質問を包み込んでしまうような回答を行えるのはすごい才能だと思います。自分にはできそうもないことですが、まあ餅は餅や。自分のできることを、焦らぬよう、見つけていく方が良さそうです。



| | コメント (0)

2011年9月12日 (月)

保育所再訪

今日は保育所3カ所、保育ママ宅1カ所を訪問。特に保育ママというのがどういうものか知ることができたのは有意義でした。なかなか大変そうです。元店舗のような空間で体操をしていた子どもたちの様子を見ていたら、少々複雑な気持ちにもなりました。やっぱり幼稚園の施設面での優位は揺るがないようです。



| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

ハセツネ試走

スタートから浅間峠までを楽勝で流すつもりが、こんなにキツいトレランも久しぶり、というくらいボロボロの内容となりました。太陽のせいです。何とか6時間は切ったものの、本番におおいに不安が残ります。
大好きな「数馬の湯」が妙にさらっとしたお湯になってるなぁ、と思っていたところ、ポンプ交換のため別のところからお湯を持ってきているとか。早くまたあのお湯に浸かりたいです。



| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

保育所見学

保育所を3カ所、見学してきました。最初は梅ヶ丘駅のガード下を活用した分園で40名ほどの子どもたちが元気に動き回っていました。幼稚園しか経験がなかった自分には、その教室っぽくないところに新鮮な驚きを感じるとともに、調理室によるきめ細やかな給食の提供に感心しました。二つ目は幼保連携型の認定こども園。幼稚園がベースになっているだけあって、広々とした園庭が印象的。ただ調理室をはじめとした施設整備に5千万程度のお金がかかったらしいことと、幼稚園コースに通っている子どもの方が高い保育料を払わなければならないらしいことを知り、二つの制度を繋いでいくことの難しさを感じました。最後にいわゆる家庭的保育施設。ここは認可保育所が母体となっているところらしく、余裕を感じられました。ただ年が大きくなってくるとさすがに煮詰まるのでは?。いろいろと考えさせられつつ、子どもたちの可愛らしさに圧倒された午後でした。



| | コメント (0)

2011年9月 4日 (日)

楽しみと日々

内房は岩井海岸へキス釣りに。東京湾アクアラインをはじめて通りました。なんと便利になったことか。凄いことです。保田の「ばんや」で入ったラムネ温泉(炭酸風呂)は改めて冬に来たら気持ちいいだろう、と思います。そして、漁協がやっている食堂では金目鯛の煮付け、地魚の刺身や寿司等を満喫しました。このおいしさは漁協ならでは、でしょう。帰路は「海ほたる」でしばしの休憩。ここもまた別途来てみたいところです。
夜ははじめて行く「ブルーノート」でミッシェル・ルグラン・トリオのコンサート。ジャズ好きの大先生ほかと御一緒させていただく機会を得ました。79歳のルグラン氏が30代前半に作ったと思われる「シェルブールの雨傘」の弾き語りが最後の曲。帰りに寄ったTe Hongのお茶もおいしく、また一つ、人生の愉しみを教わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

秋の味覚

家の近所のしゃぶしゃぶ温野菜で野菜を食べ放題に食べました。体調改善が期待されます。マイタケ等キノコを堪能できたのはよかったのですが、春菊がなかったのが残念。これから、でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »