フィッシング

2011年9月25日 (日)

東山湖のレインボー

釣り三昧の3連休もとうとう最終日。朝、忍野の最上流部でちょっとやったものの、割と頻繁にあるライズでの捕食対象を見極められず、見事な敗退。今年の忍野とお別れし、FFTの釣行会が開かれている東山湖へ。会長はじめ皆様と久しぶりの再会を果たし、Thomas&Thomasの6番ロッドはしなり続け、充実した半日を過ごすことができました。茶色のマラブーをインタミで沈めた時はまさに入れ食いでした。そのうち飽きられたのか、全く当たりがなくなりましたが。
渋滞になる前の東名を使えば、2時間ほどで我が家に到着。夜は近所のすし好で寿司を食べ、TSUTAYAで小田和正さんのCDを借りて帰宅。水曜日の東京ドームに向けて、予習、というか予備知識の習得jに励みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

河口湖のブラックバス

1時30分に目が覚めてしまい、6時過ぎまで眠れなかった朝、うとうとしていた8時30分に食事に呼ばれ、活動開始。冷たい塩鮭の朝食を終え、最上流域へ。やはりマラブーで一匹をゲットした後は反応がなく、リバーズエッジでローストビーフサンドの昼食を済ませ、金田一の橋が流されているのを確認し、河口湖へ。ぐるっと周り、足和田をすぎた先、大岩ボートで手漕ぎボートを借り、4時半までの3時間少々、船上の人となりました。そして、3時半過ぎ、岸際の葦をめがけて投げ込んだスピナーベイトがフォールする間、生体反応があり、あわせたところ、22年ぶりのブラックバスが釣れてしまいました。これはなかなか楽しいです。上がり際、ボート屋さんのおばちゃんに聞いたところ、外来種のリリースが禁じられた時に客が減り、ワームが禁止された時にも減り、と、なかなか厳しい状況であるようです。時々、来てみたくなりました。それと、季節的にはGW明けから6月にかけてがいいらしい。来年は来てみようと思います。
その後、忍野に戻るも、イブニングはボウズ。体格がラガーのようなオカマさんたちに囲まれた紅富士の湯の露天風呂で1時間ほどを過ごし、いつぶりになるのか、庄屋乃家で定番だったキムチほうとうを食べ、鹿刺しがユッケ事件以来出せなくなっていることを知り、宿に帰ってきました。風邪からやっと解放されそうです。



| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

忍野ファイナル

朝の野球は河川敷球場が水浸しとのことで中止。昼前まで二度寝の後、12時出発。初めて富ヶ谷から首都高に乗り、時々渋滞するものの、この位の時間になると全く止まってしまうことはなく、忍野到着は15時。そして、その水位の高さと濁流ぶりに圧倒されました。新名庄川出会いから上流も玉川上水のよう。テニスコートは冠水したらしく、泥の除去が行われている。釣り堀下流の堰堤は脇から水が流れ出してきており、えぐられた土の中からコンクリートの鉄筋が何本もむき出しになっていて、痛々しい。いや、本当に凄かったです。そんな中ではありましたが、最上流域でマラブーを流し、1匹だけ釣ることができました。今夜は初めての忍野高原ホテル泊です。



| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

2010忍野ファイナル

今シーズン最後の忍野へ。前夜出発でレンタル・プリウスで走ったのですが、プリウスという車のすごさに驚きました。静かでなめらかで力強い。タイヤが細いので若干ホールド感が不足し、結果、山道ではアウト側にふくらんでしまったりするものの、それはセリカのような攻め方をしたためで、普通に乗るにはこんなにいい車はないだろう、と思われます。早くHVのスポーツカーをトヨタが出してくれないかなぁ。
道の駅富士吉田の駐車場で3シーズン用シュラフにくるまって仮眠。後部座席を倒せばほぼフラットな寝床が確保できるものの、長さがちょっと足りなかったです。それでも4時間近く熟睡し、目覚めたものの、外はあいにくの雨。とりあえず忍野に向かうと、「忍野入口」から入ってすぐのところで大きな工事をしている。「ホテル前」には既に釣り人が。そのままローソンの脇から駐車場に行くと、日本庭園の周りにあった生け垣が取り払われていて、庭園がむき出しになっている。初めて、その奥にある駐車場に車を入れたところ、雨であちこちに水たまりができている。眠気と雨に気持ちが折れて、そのままシュラフを掛け布団に二度寝に入り、10時30分過ぎ、のぞきはじめた青空の下で活動を開始しました。

新名庄川の出合いすぐ上流から入ることができ、そのまま護岸のところでサイト・人フィング。結局、6匹ほど釣ることができ、1匹は30センチオーバー。ダッシュして近づいて来た鱒が口を使った時に合わせて釣るなど、少しずつ魚の活動が読めるようになってきました。

お昼は「いろり」でほうとうを食べようと思ったものの、貸し切りとのこと。それでは、と、リバーズエッジでローストビーフ・サンドを頂きました。ほぼ1年振りのサンド。おいしかったです。四季の杜おしの公園の駐車場に車を止めて昼寝。16時30分頃に最下流に向かいました。ライズが激しくなってくるものの、完全に無視される。その後、真っ暗になる直前、14番に巻いたCDCで2匹を釣ることができました。最後に釣ったのは30センチを超える大型。やっと忍野のイブニングで少しパターンが掴めたような気持ちになりました。

18時30分、駐車場発。紅椿の湯には19時15分着。20時20分に出発し、途中、中央高速を使って帰ってきたところ、家に21時半過ぎに到着。荷物を部屋に運び、車を返却したのが22時過ぎ。「麺や」で担々麺を食べて帰ってきました。

帰国後2度目の忍野最終日。イブニングの謎が少しずつ明らかになってきています。来シーズンを終える頃には、解明できるだろうか。早くも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)